中和抗体検査|埼玉県蕨市|菊地医院

菊地医院

夜8時まで診療しております

JR 埼京線 戸田駅 徒歩8分/北戸田駅 徒歩10分

〒335-0005埼玉県蕨市錦町2-20-12 (大日本印刷工場正門そば)

菊地医院

中和抗体検査

新型コロナウイルス感染症の中和抗体検査

中和抗体検査

新型コロナウイルスのワクチン接種をすでに2回受けている方もおられるかと思います。

現在国内ではファイザー製(コミナティ筋注)モデルナ製(COVID-19ワクチンモデルナ筋注)の2種類が使用されています。
両方とも臨床試験の結果、高い発症予防効果が報告されておりますが、ワクチン接種を終えられた方は、新型コロナウイルス感染症に対する免疫力がきちんとついているかについて知りたいのではないかと思います。

2種類のワクチンはmRNAワクチンと呼ばれる新しいワクチンであり、ワクチン接種することで、中和抗体という抗体を体内に作ることができます。
中和抗体とは文字通りウイルスの感染力を中和し、ウイルスの働きを抑える抗体のことです。

新型コロナウイルスは、その表面にスパイクタンパク質(S)と呼ばれる、感染の成立に重要な役割を果たす突起状の構造物があります。
そのスパイクタンパク質が細胞の受容体に結合し、ウイルスが細胞内に入り込むことで感染が成立します。
中和抗体がこのスパイクタンパク質に結合することで、細胞の受容体に結合することができなくなり、ウイルスが細胞内に侵入することが妨げられます。
これがワクチン接種により感染が防御される仕組みです。

中和抗体検査の仕組み

 

中和抗体検査はスパイクタンパク質に対するIgG抗体を検出する検査であり、ワクチン接種後にワクチンの効果があったかどうかを判断することができます。

一方で従来行われていた抗体検査は、ヌクレオカプシド(N)というタンパク質に対する抗体を調べるものであり、
過去に新型コロナウイルス感染症にかかったかどうかの判定には有用 でしたが、
ワクチン接種後の抗体獲得、ワクチン接種の効果があったかどうかの判定には不適
でした。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、スパイク(S)エンベロープ(E)メンブレン(M)ヌクレオカプシド(N)の4種類の構造タンパク質で構成されています。
コロナウイルスに特徴的な表面の突起を形成するSタンパク質には、ヒト細胞に感染する際に不可欠な受容体結合ドメイン(RBD)が存在しています。
RBDが、ヒトの呼吸器や粘膜の上皮細胞表面に存在するアンジオテンシン変換酵素2型(ACE2)受容体と結合することで、ウイルスは宿主細胞に侵入します。

 

ウイルスが宿主細胞に侵入する仕組み1

 

ウイルスが宿主細胞に侵入する仕組み2

 

菊地医院でもヌクレオカプシド(N)に対する抗体検査を実施しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の免疫力を評価するために、新たにスパイクタンパク質に対する中和抗体も調べられる検査を導入しましたので、ご紹介させていただきます。

中和抗体検査の方法として、
1.血液検査会社で検査」と「2.菊地医院で検査(迅速検査)」の方法があります。

 

検査方法1.血液検査会社で検査

当院が契約している検査会社にて新型コロナウイルス感染症の中和抗体検査を行うことができます。

検体

血清0.5ml

結果

2~4日でお知らせすることが可能です。

費用

7,000円(税込み)

特徴

SARS-CoV-2ワクチンは、Sタンパク質特異的に免疫反応を誘発するよう設計されているものが多く、Sタンパク質に対する抗体検査は、ワクチン接種前の免疫状態の確認およびワクチン接種後の免疫応答の定量測定などの使用が期待されています。

承認

この検査は、SARS-CoV-2スパイク(S)タンパク質のRBDに対するIgGを測定する定量検査です。
日本で薬事承認を受けた検査ではなく、試験研究用に導入されたものであり医療保険の適用を受けておらず、このため自費診療になります。

 

検査方法2.菊地医院で検査(迅速検査)

15分以内に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のSタンパク質およびNタンパク質に対するIgG抗体を同時に検出できる検査試薬キットを導入しました。

抗Sタンパク質抗体を検出することでワクチン接種後の抗体保有状態が確認できるほか、抗Nタンパク質抗体を検出することで過去の感染歴も調べられます。

 

検査手順
STEP.01迅速検査の手順

検体滴下ウェルに血液を10µl滴下します。適用サンプルは、血清・血漿・全血(末梢血含む)です。

STEP.02迅速検査の手順

30秒以内に検体希釈液を2滴、滴下します。

STEP.03迅速検査の手順

15分待ちます。

STEP.04迅速検査の手順

結果を目視で判定します。

抗Sタンパク質 / 抗Nタンパク質 両方陽性 ワクチン接種歴・感染歴あり
抗Nタンパク質 陽性 感染歴あり
抗Sタンパク質 陽性 中和抗体を保有しており、ワクチンの効果がある
抗Sタンパク質 / 抗Nタンパク質 両方陰性 ワクチン接種歴・感染歴なし

 

検体

静脈血あるいは指先からの穿刺採血による全血検体、血清・血漿

結果

約15分

費用

9,000円(税込み)

検出
対象

SARS-CoV-2ワクチンは、Sタンパク質特異的に免疫反応を誘発するよう設計されているものが多く、Sタンパク質に対する抗体検査は、ワクチン接種前の免疫状態の確認およびワクチン接種後の免疫応答の定量測定などの使用が期待されています。

pagetop
048-442-5745